包茎治療・包茎手術について【悩み無用!包茎の基礎知識】

包茎治療・包茎手術について【悩み無用!包茎の基礎知識】
包茎って何?包茎の基礎知識。 種類や弊害、治療法など詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この包茎記事へのリンク スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事へのトラックバック
苦痛ゼロ、気がついたら包茎じゃなくなっていた
そんな都合のイイ話、ここにあります。
トラックバックURL
http://houkei2006.blog50.fc2.com/tb.php/5-b09d6a07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

包茎とは?

包茎とは陰茎の亀頭部分に包皮(皮)が被さっている状態の事を言います。男の子であればこの状態は「生理的包茎」と言われごく自然な状態ですので心配はいりません。
しかし、思春期以降陰茎が成長した後でも包皮が亀頭を覆っている包茎の状態は、一般的に「カッコ悪い」「不潔」「早漏」などのマイナスイメージがあり、日本では包茎は古くから恥ずかしいとされてきました。
このような良くないイメージのある包茎ですが、包茎の割合は意外にも高く日本人男性の60%が包茎で悩んでいると言われています。
男の子は、生まれて間もなくは100%真性包茎であるが、年齢とともにペニスも成長し思春期になれば、6割以上は包皮が自然に反転できるようになってくる。
包茎の傾向は日本人よりも外国人に多く、生まれたときに割礼(亀頭を覆っている包皮を切り取る手術)をする国もあります。
包茎のコンプレックスで悩んでいる男性は多いと思います。包茎の一番のデメリットは精神的なコンプレックスでしょう。
しかし、包茎のデメリットは、それだけではなく衛生面も気にしておきたいです。
包茎のペニスは恥垢(ちこう)というカスがたまりやすく、不衛生になりがちです。これは恥垢に細菌が繁殖するため起こります。また、この雑菌にいよって包皮炎をはじめとする感染症を引き起こすこともあります。ただ、逆に言えば清潔にしておきさえすれば包茎はそんなに悩むほどのものでもありません。とはいえ、やはり包茎はコンプレックスと成りがちですので、どうしても気になる方は包茎治療(包茎手術)をするのもひとつの選択肢であると言えます。
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事へのトラックバック
苦痛ゼロ、気がついたら包茎じゃなくなっていた
そんな都合のイイ話、ここにあります。
トラックバックURL
http://houkei2006.blog50.fc2.com/tb.php/5-b09d6a07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
バナー


GPP (ゴールデンペニスパンツ)【艶くらぶ】
履くだけで『包茎矯正パンツ』

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。